オーバーダンパーのピアノ

オーバーダンパーのピアノの止音不良解消はやはり不可能なのか?

 

依頼主には「期待しないで、オーバーダンパーのピアノの全体的に(特に高音)止まりが悪いことで有名だから。」

とは説明してあるものの。

 

フェルトをハンマーギリギリ最大限まで大きくして整調で高音部のみ少し早目に着地するようにするしかその時思いつかなかったんだけど、フライダンバー(だっけ?Übergangsdämpfer)の存在を思い出して、どうにか弦の振動の腹部分に当たるように設置を考えているけど、全ての部品の回転方向が同じでその反対の動きをするとなるとどこかに固定支点を設置してバネか何かで調整できるようにするとしたら問題の高音はそんな場所ねぇ、って行き詰って、ならばダンパーを楔形にと一瞬思ったけどほぼ弦の振動の節になってる部分にどうやんだよ、ってひとりツッコミして最初の定義に戻ってる。

 

 

そりゃあね、先人達もこの機能に発展がないと思って違う場所に独立したダンパーを思いついてるのに、これ解決したら特許とれるわ!って元ピアノ屋さんは今自分の浅はかさに失望しております。

 

オーバーダンパーのピアノ自体1910年頃で製造されなくなってるんで、そこそこ古いBlüthnerのアップライトになるけど、持ち主も音も外見も気に入ってるし私もあの古くて繊細な音は好みだし、調律はモダンピアノと同じ音程には出来ないけど オーバーダンパーの止音不良を除けば、趣味で弾く範囲では現役で行けると思ってるんで何とかしてあげたいんですが。

 

とりあえず来年暇が出来たら一番最初の思い付きでやることになりそうですが、何かいい案があったら教えてください。

 

 

それにしても、オーバーダンパーについての記述がされてる資料が少ないことに先ほど気づきました。(驚)

 

 

 

オーバーダンパー

その名の通り、ピアノのハンマー(打弦するフェルト)の上方部でダンパー(止音部品)が設計されてあるピアノ。

英語だとダンパーワイヤーが正面から見るとアクション(メカニック部分)を囲うように作られているからか、Birdcage-action(鳥籠アクション)と言うみたいで洒落てます。

英国やドイツ語圏の古いピアノ(大体1910年頃で製造されなくなってる)に見られます。

低音~中音に関しては弦の長さとハンマーの打弦点からダンパー設置自体に余裕があり、ダンパー自体が大きめ+弦の中心(弦の振動が最大振り幅になる腹部分)に近づけることが出来ることで音は比較的止まりやすいが、高音はハンマーの位置+弦の短さ+振動の節(振動の支点となる部分)でダンパーがくるのでほとんど音が止まらない。

 

全体的にモダンピアノに比べるとふわっとした感じで音が止まるけど、古いピアノの音(線が細くてハスキーな感じ)には合ってるんじゃないかな、と個人的見解です。

 

 

最近、ダンパーどころか鍵盤すら付いてない楽器と戯れてたもんで何か新鮮な思考だな、と思った。

 

 

 

モテキ!!

人生3度モテ期が訪れるといいますが、私にもついにきました。 ((`・∀・´))ドヤヤヤャャャャ

 

 

まずは土曜。

ゴミ捨てに寮の横にあるゴミ捨て場に向かっていると、少女漫画のような感じで出合い頭にぶつかる。

最近、コミュ障(コミュニケーション障害)かってくらい、オドオドしてるので思わずお互い「に”ゃ!!」と叫んで、このフラグは漫画のように回収できず。

 

 

次は資料確認に行ったEisenach(アイゼナハ。バッハの生まれ故郷)で、それこそバッハ・ハウスの目の前で、若い子に声かけられたよね。

この辺で、アレ?この状況にモテキって単語思いついたよね。(こんな1日で何度も出会うなんて)

 

 

 

 

そして日曜。

平和に引きこもっていたけど、アホみたいにチョコレートを馬鹿食いしたので、さすがに良心痛み、暗くなり始めてからゴソゴソ近所を徘徊し始めた。

小1時間くらい散歩している間に3回ほど視線を感じるよね。「あ、」って思っても、こっちから声かけるのは躊躇われたので、スーッと横通り過ぎようとしたらむしろ向こうからすり寄ってきて、

 

 

 

ちょっとちょっと・・・!!あーーーーーー!!!!!! (=`ω´=)ゴロゴロゴロ

 

 

 

 

 

 

家に帰って風呂入るまで、モテキの代償として鼻水止まんなかったよね。

猫アレルギー

katsuage

 

五十歩百歩

週末の天気も悪いらしいよー

 

とてもガッカリそうにクラスメイトが言うので、

 

あーマジかーそりゃ残念!

 

ってエジプトの壁画のような顔して答えたよね。
(特別外出の予定ないです)

 

 

 


 

 

 

もう何度目かのレポート修正作業と試験準備がやってるけどイマイチ成果が見えなくて、

 

楽器の資料漁ったりしてたら先週「世紀の大発見かもしれない!!」的な思惑が見事に別資料で打ち砕かれ、

 

何だか「燃えたよ・・・まっ白に・・・燃えつきた・・・まっ白な灰に・・・」(矢吹ジョー)状態。

 

 

 

私の人生、アニメ化は無理だな(あまりに地味すぎて)、

 

なんて考えながら郵便局で内包物証明のサインをする時、

 

普通に「2014年4月」と書いてて郵便局のおばちゃんに「もう5月よ」と突っ込まれ、

 

 

もう半分しかない5月は、今年存在しないことにしたよ!

 

 

 

 

西田通常運転中。

 

 

 

BGMは小田和正で。

多分きっと、実家暮らしの弟には理解してもらえないんだろうな、と思うこと。

 

 

 

冷蔵庫に人参しか入ってない、衝撃。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには美味しいもん食いてぇなぁ。。。

 

 

 

 

 

人はそれをただの言い訳と呼ぶ。

いやね、これだけはやめたいと思っているんですよ。

 

 

 

 

本当ですよ。

 

 

 

 

1個目のレポートが結構いい点とれたからって、許されるってわけじゃないって分かってるんですけど。

 

 

(何かパチンコやめられないけど、たまに大当たり出た人みたいな人の言い訳に聞こえるけど)

 

 

 

 

 

夕飯後そのまま爆睡

深夜2時ごろゴソゴソ動き出すの。 (まさに今)

 

 

せめて、化粧落として歯磨きくらいはしたいと思ってるんですよ。

 

 

 

 

でもヒドイとき帰宅後上着着たまま爆睡

 

 

 

 

 

D.C.

(Fine記号は存在しない)

 

 

 

マイニンゲン博物館

最近、抜き打ちかのように頻繁に実家からスカイプがかかってきますけど、話のネタがもう4回くらい聞いたことあるのがだいぶんあるんですよ、母さん。 (その都度言っていると思いますが)

 

弟が長期出張で家を空けてると分かりやすい。 そんな彼女は増税前に移動用テレビ(そこそこ大きいけど持ち運びができる)を買って、色んな家事を見ながらやっているらしい。 それに飽きると私の出番らしい。

 

 

エナちゃん、いっつも家におるねー。

 

 

すいませんね、自宅警備員として多忙なもので。

すごい都合のいい女にされてる感が、半端ないので今週末は出かけました。

 

 

******************

 

 

それだけが理由ではないけれど、今年に入って久しぶり(多分2回目?)くらいに市外に出ました。

久しぶりの遠出すぎてドキがムネムネして電車で吐くかと思いました。(片道2時間半)

 

行き先はMeiningen(マイニンゲン)のマイニンゲン博物館

場所はギリ何とかチューリンゲン州ですが、フランケン地方となります。

昔はザクセン=マイニンゲン公国のお城でしたが今は博物館として、当時20世紀初期まで使用されていた当時の公爵の各お部屋や持ち物が展示されています。

 

wikiから

写真撮り忘れたのでwikiから転載

 

公爵家の人たちは芸術や音楽にも関心が深かったらしく、沢山の楽器も所有されてます。

まぁ、楽器が絡んでなければ週末自宅警備員の重い腰は上がりません、よね。

 

 

前に作業していた振り子時計のハープ部分の作業も終わり、報告書も提出準備ができているので、次の担当楽器、ドイツ語だとSpitzharfe(シュピッツハルフェ)、イタリア語だとarpanetta(アルパネッタ)への作業開始となりました。

日本語にすると「シュピッツハープ」とか訳されているように、一応ハープ族になるのでしょうが、響板が付いておりチェンバロのメカニック部分がない状態で両面に弦が張られている感じの楽器です。

 

担当楽器が別ウインドウで開きます

 

 

上のリンクの写真(多分1920年代に撮った写真)よりだいぶん欠損や傷みが激しいので、とりあえず比較楽器で資料や写真集めです。 この楽器自体、正確には分かりませんが世界にも10台(この助数詞があってるのか分からないけど)前後しかないので、イメージがわきません。

 

マイニンゲン博物館には2つシュピッツハルフェがあるのですが、そのうちの1つが写りの悪い写真を見る限り少し形状が似ているので、確認に。 修復作業をした人は知っている人なので、共通点が多いのなら資料協力お願いしなければと思いましたが、その必要はない感じの結果でした。 一応、特徴などを書き出しておいてますが、よくあることです。 こうやって少しずつ可能性を消していくわけですけど、少なからずこの楽器についての前知識がさっぱりだったので少し修復作業完了のイメージが持てました。

 

楽器展示してる部屋

楽器展示してる部屋

 

用事がすんだら、すごい小さな町ですが駅前に綺麗な公園もあったし、持ってきてたオニギリ食べながら散歩でもしようかと思ってたのに、2時間半ほど博物館に居座っている間に見事な雷雨に。

 

 

これだから外出は嫌だったんだ!!

 

 

見事な濡れマウス。
引きこもりが、たまに外に出るとこうなる。

 

 

******************

 

 

日曜は引きこもり、 もとい、自宅警備員らしく最近中古で見つけた旧東時代の専門書を読んでたら、 同じ製作者が出てきて叫ぶ。 ビックリしすぎて急に立ち上がって膝を棚の角に強打。

 

あべし!でも、こんなところに!!

 

制作年代も場所も、なんとなーく怪しく、とりあえず直接は関係ないけど何となく感が働いてクリストフォリ(現代のピアノの基礎を発明した人。個人的に通称、神と呼んでる)の調査書を流し読みしてたら、何か見知ってる部品発見・・・ 待って待って!!!

 

これは、

 

月曜に

 

要確認です。(落ち着いて)

 

 

はー、興奮しすぎて、ドキがムネムネ!!

 

 

吐きそう!!

 

 

ん。何か違う。

 

 

 

 

これ風邪だ。

 

 

10周年

あなた、初夏が一番しんどいはずだよ。

 

って耳鼻科の先生から恐怖のお告げをもらってるんですけど、もうすでにお洒落に言ってみると「フラワーパウダー」でズルクシャ&眼鏡が標準装備になってます西田です。

ついでに鼻が曲がってるからオペもしなきゃね。 性格だけじゃなくて鼻もですか。 入院する暇ないので延期してますけど、それ以外は元気です。 初夏まで生き延びることが出来ればですが。

 

最近、講義の関係から曜日の感覚はあっても、日にちの感覚がなかったので、うっかりしてたら4月も下旬。 アニバーサリー系に疎い私もイースター休暇になって改めてカレンダー見て気が付きました。

 

 

ん? そろそろじゃね?

 

 

と思ってさっき確認してみたら1週間弱過ぎてました。

・・・・・・・・・まぁいいや。 安定の西田クオリティー。

 

 

と言うことで。

 

 

おめでとう。在独10周年。

 

 

何してたって、ここんとこずっと(2月から)レポートやら課題物仕上げるために、ゴリゴリ作業してました。

やっと最後、難産だったレポートを同級生に文法チェックしてもらって、付録の写真データの加工後、最終添削をローラントにメールでお願いしたのが昨日、、、じゃなくて今日だ。 朝日拝んで寝ました。

あとそれが戻ってきたら、最終確認&校正後、印刷したら提出。

 

 

もう燃え尽きたよ・・・・

 

 

確かに講義受けながら(8-16/18時、休憩30分)だから捗りはしないのだけど、卒業論文は8週間、研修成果報告書は12週間で書き上げ(実習作業含む)ることが規定とされているけど、こんなテンポじゃ書ける気がしねぇ。

そんな私を横目にイースター休暇に向けて周りがウキウキしてたけど、そんなのカンケーねぇ。

 

 

やっと好きなだけ寝れる・・・!

 

 

これに尽きる。

 

と思ったら、携帯されないことがデフォルト状態の携帯の目覚ましが祝日だとこと言うことを知らないまま通常通り6時半に鳴り、まだ1時間も寝てないのに起こされる。

しかし発信源が分からない。 眼鏡かけずに探してたら、積み上げてた参考資料(大抵分厚くてでかい)にぶつかって雪崩に巻き込まれる。 痛ぇ。 何だこの受難。 だが、その中から奴は見つかる。(多分、作業中に栞にしたと思われる)

 

 

とりあえず課題物も近日中に提出の目途もついて、寝不足が解消されたので、久しぶりにブログに戻ってきました。

 

 

_261

 

 

今日は外が春恒例の雷雨ですが。 こちらの桜も咲き終わりましたー

 

 

夏休みになりました。

気が付いたら8月になろうとしてました。


ここ数か月、要約すると


  • 6月
    試験準備。つか教授・講師陣が「ヤベェ、ほとんどやってねぇ」と思ったのか、今までの休講分の振り替えを一気にやる。
    朝8時から18時(早ければ16時)2週間半。屍でした。
    下旬、試験。

  • 7月
    いくつかずれ込んだ分の試験ののち、3週間の実習。
    ひたすら補彩・補彩・補彩・・・未だ納得する結果は得られておりません。

    補彩:欠損部分を可逆性のある素材を使用して処置すること。後の修復の為に補彩箇所が判別できるようにするのが前提条件。
    私が今回やっていたのは、スピネットケースの外装部分。ギプスで補填している部分に、周りと似ていいる感じ(ただし上記の条件で)に色を付ける作業。



    最近漢字で書く機会減ってて忘れがちですけど、ワタクシ西田「」里奈と言います。
    この絵心のなさ、、、いわゆる完全に名前負けしてる体です。



先週から夏休みに入りましたけど、普通に学校で作業してます。
(実習中みたいに義務ではないので、ノンビリ出校作業ですけど)
やっと現実見えだしたら、部屋がカオスでした。
(不思議なことに混沌の中にも秩序がありまして、本人はどこに何があるのか分かっている)



これから掃除をしようとキッチンの整理整頓をしていたら、お菓子が出てきました。
「Hanuta(ハヌータ)」という、カードの入っていないビックリマンチョコ(もうきっと昭和ワード)みたいなお菓子です。

Hanuta

これを見た後から、とある有名なエンターテイメント会社のアニメの挿入歌が替え歌として、通称脳内CD(音楽が頭にこびりついて離れない)状態に。
(元ネタは友人)



Hanuta Matata! Waht a wonderful phrase…!


はい、掃除頑張ります。



眉毛事件のその後

夕飯にスパゲッティを食べる回数は多いです。

 

 

目をつぶってもできる。

 

 

とかは言いませんが、比較的手馴れています。

 

でも毎回味が違います。(もはやセンスのなさの極限)

フライパンのまま食べるのは卒業しました。(寮の机の狭さが理由)

でも皿では足りないので丼で食べる。(燃費悪い子)

 

 

しかし今日は何をとち狂ったか、丼を持ったまま湯切りしてました。

 

もちろん、湯が切れるわけがなく。

 

 

 
・・・重っ!

 

熱っっっっっっ!!!

 

何しちょん自分ーーー?!
(標準語:何してるの私ー?!)

 

 

 

 

 

またも左手の受難。

丼が深くて助かりました。

 

しかし。

 

 

まず熱さでなく重さで気づくの?(移植は一度で懲りてるはず)

昨日、眉毛書き忘れて行ったばっかりだよ?(20代最後の忘れ物にしたい)

 

 

何か、最近自分おかしい。

疲れてる?

 

 

 

・・・はずはない。(今週休講の多かった)

 

 

 

 

少しC2H5OHの入った水を飲んで冷静になります。