インターン終了

インターン終了です。
 
後半はホント記憶があやふやなくらいですが何とか提出し終わり、先週やっと口頭発表が終わりました。
 
今回日本の楽器だったこともあり、日本の色々な大学、博物館、文化財修復工房、邦楽絃製作会社など、各所でお世話になった方々には本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。
 
日本の楽器は初めてだったのですが、非常に興味深い技術や素材の調査ができて非常に勉強になりました。比較楽器が手元にないので非常に苦戦しましたが、とにかく言えるのは、日本の職人さんの技術はすごい!
楽器自体の発音原理はすごく原始的なんですが、ヨーロッパでは使われない素材、絹の弦(邦楽器の場合は絃と呼ぶ)に調律システム(琴柱は取り外し式なので、琴自体に音律はなく、歌う人や合奏に合わせて音の高さや音律を調整できる。更に余韻を楽しむ奏法)などジックリ腰を据えると奥深くて、インターン中だけでは時間が足りませんでした。
今回、楽器はとはいえど博物館所有、長いこと絃を張った状態(ただし、琴柱は立てない状態)で安定していること、演奏というよりは装飾の技巧(もともと飾り筝)のほうが価値が高いことから演奏を可能にすることよりは現状維持を目指しました。張力を上げることで木画の部分の崩壊が進む恐れもあるし、現在このスタイルの飾り筝は製造されていないので。さらに短時間だけ琴柱を立てどういった音が鳴る(通常より低い音になる)のかということは出来るので、学術資料としても残す意味合いもあります。
 
楽器自体は元々ニュルンベルクの個人楽器収集家が集めていたもので、ゲルマン国立博物館に寄贈後は日の目を見ていません。一応、博物館の名前がゲルマンと分かるように、ドイツ語圏(及び近郊)の文化財の収集、研究がメインの機関なので、特にその他の地域のものは残念ながら常展示のテーマに沿いません。
しかし現在、たまたま元所有者のSammlung Rück(リュック)の調査プロジェクトが進行しており、来年以降も彼の所有物の特別展を行うことになっているのでそこでお目見えするか、装飾の蒔絵自体状態がいいこともあるので、その他のアジア系のものをメインにしている博物館などに貸し出しということもあり得ます。
また何か詳細が決まり次第、ここでお知らせします。
 
 
そして私はいくつかの筆記試験を終わらせたら、そろそろ卒論用の楽器を探し始めねばなりません。
作業期間が8週間(実技+筆記+製本)と決められているので、まずはテーマを決め楽器を探すか、楽器を見てテーマを決めるか。ちょっとすでにしんどそうですが、頑張ります。
 
 
 
 

インターン中@ニュルンベルク

大学の卒業必修にインターン研修と言うのがありまして、各大学各科様々ですが大体4か月ほどの実地訓練があります。

 

海外でも国内でもOKで、私たち保存・修復科の学生たちは自力で博物館・美術館の修復課や個人でやっている修復工房などにコンタクトを取り、自分の専攻する専門分野の指導教官(国家資格(大学の修復科卒)もしくはそれと同じレベルの資格を保持している修復家)を見つけ研修を行います。

 

無給だったり、お小遣い程度だったりと工学や金融系の学生に言うとアリエナイ!って憤慨されるうえに、私の大学では卒論レベルの論文を提出、その後口頭発表しなければなりません。(他の大学の修復科の学生に聞いたら作業レポートはあるけど論文はないって、私驚いたよ・・・)

 

私の大学の科では最低16週間と規定にあり、祝日が多い時期に始めたので約4か月、クリスマスマーケットで日本では有名なニュルンベルクにあるゲルマン国立博物館(Germanisches Nationalmuseum)の楽器修復部門で5月から開始しました。

 

大体普通は修復する作品を選べないのだけど、私の場合は元々楽器製作者で今まで楽器ばかりやってきたことと、希望した楽器が日本のものだったので許可が下り、ゲルマン民族に特化した博物館なので常設展示の予定はありませんが、日本の琴()の修復をします。

 

漆による蒔絵、寄木細工、絹の弦と装飾のマテリアルだけでも多彩ですけど、楽器の構造も中々面白そうです。

マイニンゲン博物館

最近、抜き打ちかのように頻繁に実家からスカイプがかかってきますけど、話のネタがもう4回くらい聞いたことあるのがだいぶんあるんですよ、母さん。 (その都度言っていると思いますが)

 

弟が長期出張で家を空けてると分かりやすい。 そんな彼女は増税前に移動用テレビ(そこそこ大きいけど持ち運びができる)を買って、色んな家事を見ながらやっているらしい。 それに飽きると私の出番らしい。

 

 

エナちゃん、いっつも家におるねー。

 

 

すいませんね、自宅警備員として多忙なもので。

すごい都合のいい女にされてる感が、半端ないので今週末は出かけました。

 

 

******************

 

 

それだけが理由ではないけれど、今年に入って久しぶり(多分2回目?)くらいに市外に出ました。

久しぶりの遠出すぎてドキがムネムネして電車で吐くかと思いました。(片道2時間半)

 

行き先はMeiningen(マイニンゲン)のマイニンゲン博物館

場所はギリ何とかチューリンゲン州ですが、フランケン地方となります。

昔はザクセン=マイニンゲン公国のお城でしたが今は博物館として、当時20世紀初期まで使用されていた当時の公爵の各お部屋や持ち物が展示されています。

 

wikiから

写真撮り忘れたのでwikiから転載

 

公爵家の人たちは芸術や音楽にも関心が深かったらしく、沢山の楽器も所有されてます。

まぁ、楽器が絡んでなければ週末自宅警備員の重い腰は上がりません、よね。

 

 

前に作業していた振り子時計のハープ部分の作業も終わり、報告書も提出準備ができているので、次の担当楽器、ドイツ語だとSpitzharfe(シュピッツハルフェ)、イタリア語だとarpanetta(アルパネッタ)への作業開始となりました。

日本語にすると「シュピッツハープ」とか訳されているように、一応ハープ族になるのでしょうが、響板が付いておりチェンバロのメカニック部分がない状態で両面に弦が張られている感じの楽器です。

 

担当楽器が別ウインドウで開きます

 

 

上のリンクの写真(多分1920年代に撮った写真)よりだいぶん欠損や傷みが激しいので、とりあえず比較楽器で資料や写真集めです。 この楽器自体、正確には分かりませんが世界にも10台(この助数詞があってるのか分からないけど)前後しかないので、イメージがわきません。

 

マイニンゲン博物館には2つシュピッツハルフェがあるのですが、そのうちの1つが写りの悪い写真を見る限り少し形状が似ているので、確認に。 修復作業をした人は知っている人なので、共通点が多いのなら資料協力お願いしなければと思いましたが、その必要はない感じの結果でした。 一応、特徴などを書き出しておいてますが、よくあることです。 こうやって少しずつ可能性を消していくわけですけど、少なからずこの楽器についての前知識がさっぱりだったので少し修復作業完了のイメージが持てました。

 

楽器展示してる部屋

楽器展示してる部屋

 

用事がすんだら、すごい小さな町ですが駅前に綺麗な公園もあったし、持ってきてたオニギリ食べながら散歩でもしようかと思ってたのに、2時間半ほど博物館に居座っている間に見事な雷雨に。

 

 

これだから外出は嫌だったんだ!!

 

 

見事な濡れマウス。
引きこもりが、たまに外に出るとこうなる。

 

 

******************

 

 

日曜は引きこもり、 もとい、自宅警備員らしく最近中古で見つけた旧東時代の専門書を読んでたら、 同じ製作者が出てきて叫ぶ。 ビックリしすぎて急に立ち上がって膝を棚の角に強打。

 

あべし!でも、こんなところに!!

 

制作年代も場所も、なんとなーく怪しく、とりあえず直接は関係ないけど何となく感が働いてクリストフォリ(現代のピアノの基礎を発明した人。個人的に通称、神と呼んでる)の調査書を流し読みしてたら、何か見知ってる部品発見・・・ 待って待って!!!

 

これは、

 

月曜に

 

要確認です。(落ち着いて)

 

 

はー、興奮しすぎて、ドキがムネムネ!!

 

 

吐きそう!!

 

 

ん。何か違う。

 

 

 

 

これ風邪だ。

 

 

夏休みになりました。

気が付いたら8月になろうとしてました。


ここ数か月、要約すると


  • 6月
    試験準備。つか教授・講師陣が「ヤベェ、ほとんどやってねぇ」と思ったのか、今までの休講分の振り替えを一気にやる。
    朝8時から18時(早ければ16時)2週間半。屍でした。
    下旬、試験。

  • 7月
    いくつかずれ込んだ分の試験ののち、3週間の実習。
    ひたすら補彩・補彩・補彩・・・未だ納得する結果は得られておりません。

    補彩:欠損部分を可逆性のある素材を使用して処置すること。後の修復の為に補彩箇所が判別できるようにするのが前提条件。
    私が今回やっていたのは、スピネットケースの外装部分。ギプスで補填している部分に、周りと似ていいる感じ(ただし上記の条件で)に色を付ける作業。



    最近漢字で書く機会減ってて忘れがちですけど、ワタクシ西田「」里奈と言います。
    この絵心のなさ、、、いわゆる完全に名前負けしてる体です。



先週から夏休みに入りましたけど、普通に学校で作業してます。
(実習中みたいに義務ではないので、ノンビリ出校作業ですけど)
やっと現実見えだしたら、部屋がカオスでした。
(不思議なことに混沌の中にも秩序がありまして、本人はどこに何があるのか分かっている)



これから掃除をしようとキッチンの整理整頓をしていたら、お菓子が出てきました。
「Hanuta(ハヌータ)」という、カードの入っていないビックリマンチョコ(もうきっと昭和ワード)みたいなお菓子です。

Hanuta

これを見た後から、とある有名なエンターテイメント会社のアニメの挿入歌が替え歌として、通称脳内CD(音楽が頭にこびりついて離れない)状態に。
(元ネタは友人)



Hanuta Matata! Waht a wonderful phrase…!


はい、掃除頑張ります。



実習中。

デザートに特売で買ったキウイを食べようと立った記憶はあるけど、次の記憶は携帯のアラームが鳴ってました。



ゴールドベルクの第一変奏曲は聞かぬまま、タイムリープしてたようです。
(c)時をかける少女



朝は非常に弱いので携帯のアラーム10分おきに5回(スヌーズ付)普通の目覚まし時計で起床するのですが、アラームの1回目だったので、何とかシャワーに駆け込み汚ギャルのまま登校せずにすみました。
(普段は5回目のギリギリ音で起きる)



が、何だろう。
この喪失感とキウイ食い損ねた失意がないまぜになった複雑な気持ち。。。



********



今は前のゼメスター(学期)でやってた※振り子時計の楽器部分の仕上げにかかっているため、数週間前から右手の小指の爪だけをわざと伸ばしています。(普段は全部短いです)

と言うのは、調律時に爪で弾かないと出来ないから。
(ピックをもってやることもできるけど、面倒くさい)


※時計の歯車部分とは別にローラーがついており、時間が来るとローラーに付いたホッチキスの芯みたいな金属片がピアノのメカニックを物凄く簡単にした小さなハンマーをの端を弾き(イメージはオルゴールみたいな感じ)、ハンマーが弦を叩く仕組みのもの。
私は今その響板と弦の部分を担当。



目敏くそれを見つけたクラスメイトが、

「何で、小指の爪だけ長いの?」

はい、それ頂きましたー。
ここ笑い取るとこでしょう!
「鼻くそほじる為に決まってるじゃない!」と冗談かまそうかと思った矢先、


「L先生も小指だけ長いからさ、日本の伝統で何か意味があるのかと思ってさー」


・・・・・・・・・・・・・・・?!



普通にまじめに聞かれてしまって、普通に焦る日本人ここに一人。
噂ではその先生にはアジア人(先輩曰く、日本人。根拠は謎)の彼氏がいるらしいです。




待って待って!その先生と私、「日本」以外にも共通点あるでしょ!!元ピアノ職人!



「弦を弾くためだね。メカニック部分は時計の歯車とセットになってるし。この実習始まる前からわざと伸ばしてて、特に伝統的に意味はないし、先生も多分そうじゃないかな?」

模範的な解答をしました。


結局、笑いをとるために何も犠牲にできないチキン西田!!




********



今はアンドレアス・リュッカースが製造した※ヴァージナルの鍵盤部分を担当しています。


※各国で定義が定まってないけれど、一応ドイツでは、チェンバロと同じ撥音機構でも長方形型で、一段鍵盤で弦は各音に1弦。弦は鍵盤に対し平行に張られているものを言う。



古楽器業界じゃ有名な話だとは思うんですけど、リュッカースなので大抵のものと同じくラヴァルマン(仏語・Ravalement=改造)済み。
オリジナル部分と改造部分の照合が大変なことになっています。
Petit Ravalement(小さい改造)ではあるけれど、仕事が雑なのでちょっと泣きそうになってます。痛々しくて。

参考文献も色々漁っていますが、学術的なものが多いのと、絶対に独断と偏見でしょ的な一文にノッカーゥ・・・。
イヤイヤ、全部ポプラ材でできてるわけないでしょ、オブライアン・・・!シッカリして!


参考文献は、「あくまで参考」だけれど、こうも爽快に裏切られると小気味いいです。



でもリュッカースについて、お勧めの参考文献あったら教えてください。(切実)




大学の講義

基本、1日が24時間では足りません。


体が回復しないまま翌日に持ち越すと、非常に周りとの年齢を感じさせられます。
それでも一応、うちの学年の最年長ではない(大いに平均年齢は上げているけれど)ので、若いフリして頑張ってますが。


大学の講義は朝大体8時から早い日は14時半、遅い日は19時半。
空き時間は、実技の提出物作製のため作業場にこもる。(作品は自宅作業禁止)


1ゼメスター(1年前期)の必修は

  • 文化財保存学
  • 美術史(今回はルネッサンス)
  • 化学(今回は有機化学)
  • 物理化学(今回は熱量学みたいなの)
  • 生物(今回は木材・菌類)
  • 宗教絵画史
  • 壁画構造学
  • 装飾技術学
  • 外国語(これは2年生終了までに4カ国語。今回は講義がギュウギュウなんで、少ない選択肢から中国語を何故か英語で受けているという不思議な状態)
  • 作業基本技術
  • 絵画(テンペラ、デッサンなど)
  • 写真


昼食の時間は確保されていますが、イワユル想像していたキャンパスライフとはほど遠く、何か久しぶりに国立音大調律科を彷彿とさせられますが、実技がメインではないのでフラストレーションがたまります。
それでも物理的に腕と首が回らなくなる(本当に病院に通った)ほど必死ですが、一先ずそれも現在は休憩中です。


私の通っている大学(Fachhochschule)は、いわゆる総合大学(Universität)ではないので、講義だけ受けていればいいわけではありません。


しっかり実技の集中講座があります。他の科も同じようにプラニングされているのかは分からないけれど、修復・保存科は5週間ほどの講義のみの時期の後、実技のみ(語学以外の講義は休講)の3週間の時期とを交互に繰り返します。



それぞれの専攻の担当教授もしくは講師に付き、実物の文化財を修復。
うちの大学の特色として1年目は色々な専攻を体験出来ます。


しかし、私のいるグループ(1学年を2つに分けて作業)は1週間目、違う実技課題で動いていたので、2週間目は作業場の空きがあまり無く、作業を選べる状態でないので、今回の担当講師が振り分けました。
私の専攻はここでは美術工芸品ですが、この大学の講師が昔ちょっと楽器博物館で働いていた経緯もあって、楽器が課題としてたくさんあります。
私がピアノ技術者と言うこともあり、振り子時計(音楽がなるのでからくり時計と言うべきか)の内部にある楽器の響板部分を。

・・・悪くはないのだけど、非常に担当と意見が食い違うので、作業的にと言うより精神的にストレスを感じ始めている。


無知であれば鵜呑みに出来るんだけど、楽器に関しては多少知っているものだから、「うん、そのとおり!」と素直に言えない。


あと1週間で実技週間は終わるけれど、何と言うか、良心と言うか美学と言うか・・・この考え方の違いが尾を引かなければ良いのだけど。。。(早く講義の週になって欲しいとか思い始めているし)



最悪、次回は他の担当教授につくとか、他の文化財を選ぶとか、外部へ実技研修も選択肢は残っているので、あまり深く考えないようにする。
このモチベーションの後退は今望むべきものではない。



私がそうこう身もだえているうちに、ドイツはそろそろ完全冬装備です。