オーバーダンパーのピアノ

オーバーダンパーのピアノの止音不良解消はやはり不可能なのか?

 

依頼主には「期待しないで、オーバーダンパーのピアノの全体的に(特に高音)止まりが悪いことで有名だから。」

とは説明してあるものの。

 

フェルトをハンマーギリギリ最大限まで大きくして整調で高音部のみ少し早目に着地するようにするしかその時思いつかなかったんだけど、フライダンバー(だっけ?Übergangsdämpfer)の存在を思い出して、どうにか弦の振動の腹部分に当たるように設置を考えているけど、全ての部品の回転方向が同じでその反対の動きをするとなるとどこかに固定支点を設置してバネか何かで調整できるようにするとしたら問題の高音はそんな場所ねぇ、って行き詰って、ならばダンパーを楔形にと一瞬思ったけどほぼ弦の振動の節になってる部分にどうやんだよ、ってひとりツッコミして最初の定義に戻ってる。

 

 

そりゃあね、先人達もこの機能に発展がないと思って違う場所に独立したダンパーを思いついてるのに、これ解決したら特許とれるわ!って元ピアノ屋さんは今自分の浅はかさに失望しております。

 

オーバーダンパーのピアノ自体1910年頃で製造されなくなってるんで、そこそこ古いBlüthnerのアップライトになるけど、持ち主も音も外見も気に入ってるし私もあの古くて繊細な音は好みだし、調律はモダンピアノと同じ音程には出来ないけど オーバーダンパーの止音不良を除けば、趣味で弾く範囲では現役で行けると思ってるんで何とかしてあげたいんですが。

 

とりあえず来年暇が出来たら一番最初の思い付きでやることになりそうですが、何かいい案があったら教えてください。

 

 

それにしても、オーバーダンパーについての記述がされてる資料が少ないことに先ほど気づきました。(驚)

 

 

 

オーバーダンパー

その名の通り、ピアノのハンマー(打弦するフェルト)の上方部でダンパー(止音部品)が設計されてあるピアノ。

英語だとダンパーワイヤーが正面から見るとアクション(メカニック部分)を囲うように作られているからか、Birdcage-action(鳥籠アクション)と言うみたいで洒落てます。

英国やドイツ語圏の古いピアノ(大体1910年頃で製造されなくなってる)に見られます。

低音~中音に関しては弦の長さとハンマーの打弦点からダンパー設置自体に余裕があり、ダンパー自体が大きめ+弦の中心(弦の振動が最大振り幅になる腹部分)に近づけることが出来ることで音は比較的止まりやすいが、高音はハンマーの位置+弦の短さ+振動の節(振動の支点となる部分)でダンパーがくるのでほとんど音が止まらない。

 

全体的にモダンピアノに比べるとふわっとした感じで音が止まるけど、古いピアノの音(線が細くてハスキーな感じ)には合ってるんじゃないかな、と個人的見解です。

 

 

最近、ダンパーどころか鍵盤すら付いてない楽器と戯れてたもんで何か新鮮な思考だな、と思った。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>